Graduation Zine

Advertisements

Chapter 012: Nagoya, let’s go!

2016 年 10 月 15 日(土)
公開クラス 14:00-15:30
科目:なごやのみ(ん)なと
まち:暮らす・集う・作る
講師:古橋敬一(港まちづくり協議会)

名古屋港周辺のエリアで 2006 年にスタートした港まちづくり協議会の 古橋氏による公開クラス。協議会が生まれた背景、住民と行政の協働によ る活動について、「暮らす・集う・創る」をテーマに具体的な事例を聞いた。

screen-shot-2016-10-17-at-12-54-17-am

Chapter 011: what is (not) art?

2016 年 10 月 10 日(月)
公開クラス 14:00-15:30
科目:Residency For Artists On Hiatus (RFAOH)
アート活動をしていないアーティストのためのレジデンシー
講師:秋元しのぶ (アーティスト・RFAOH 共同ディレクター)

秋元氏を迎え、RFAOH の内容について聞いた。またルルのメンバーで同レジデ ンス体験者ファリッドとの対談で様々な行為のアート性とそうでないものの境界、 それを決定するシステムについて参加者ともディスカッションが行われた。

rfaoh-1

MOCAHANA workshop

2016 年 10 月 9 日(日)
ルル学校メンバーのワークショップ 11:00-17:00
「大地は誰のもの?」
mocahana (ルル学校メンバー)

ルル学校メンバーで、町にコミットしたプロジェクトを準備中の mocahana が ルル学校を会場に1カブワケ(植物の植え付け)、2コーヒーコーナー、3長者町 の布を使った DIY、4カブワケのためのトローリー制作のワークショップを開催。 大人から子供まで多くの来場者を巻き込むなごやかなひとときとなった。

Chapter 010: citizen journalism

2016 年 10 月8日(土)
公開クラス 14:00-15:30
科目:ローカル/カルチャーとウェブマガジン
「LIVERARY」のつくり方
講師:武部敬俊 (LIVERARY, THISIS(NOT)MAGAZINE)

編集人武部氏が、マガジン立ち上げの背景や活動内容について紹介。クラス後半 は、参加者が人に勧めたい店やイベントについて WEB マガジンの見出しを作り、 武部氏に添削してもらうというワークショップが行われた。

SEMINAR 8

2016 年 10 月 7 日(金)
ルル学校ゼミ8 18:30~20:00
講師:オムレオ/ファリッド・ラクン(ルアンルパ)

ルル学校メンバーのゼミ第 8 回。Mocahana の移動株分けプロジェクト「カブ ワケ・モバイル」、濱口さんの額付きポートレイト・プロジェクト、山本さんの 100 作の詩プロジェクトなどが 16 日以降、このルル学校内で展示される。

seminar-8-1

Chapter 009: town-making

2016年10月1日(土)
公開クラス 14:00-15:30
科目:地域とまちづくり
講師:井村美里
(名古屋市住宅都市局都市整備部まちづくり企画課)

地域のまちづくりをハードとソフト面から支援する行政の取り組みの事例を井村氏 から紹介。意識をもった住人の町との関わり方、アートを取り入れた町づくりの実践など、参加者との活発な意見交換が行われた。